1「ブロッコリー」の育て方・栽培方法(アブラナ科)

基本情報

分類:アブラナ科アブラナ属 / 学名: Brassica oleracea var. italica / 英名:Broccoli / 原産地:地中海沿岸 / 主産地:北海道、愛知県、埼玉県他 / 品種:早生緑、シャスター、緑嶺など /  発芽適温:20~25℃ / 生育適温:15~20℃ / 種まき時期:2~3月、7月~9月上旬 / 苗の植え付け時期:3月中旬~4月中旬、8月中旬~9月中旬 / 収穫:6月~、10月~

栽培のポイント

涼しさには強いが暑さには弱いので春まきより夏まきがおすすめ / 夏まきから秋冬に収穫する方が害虫被害が少なくなる / 水やりは夕方にやると徒長しやすいので朝に行う / 種まきは隠れる程度に薄く覆土する / 防虫対策に寒冷紗や虫よけネットの使用がオススメ / 蕾が黄色くなると味が落ちるのでその前に収穫する

由来・歴史

地中海沿岸原産のブロッコリーはキャベツの変種で、古代ローマでは既に食用とされていました。15~16世紀になってようやく栽培が盛んになり、17世紀頃にイタリアからヨーロッパへ広まり、日本へは明治時代に伝わりました。日本で本格的な栽培が始まったのは第二次大戦後で、冷蔵・保存・輸送技術の発達と共に1980年代に急激に普及しました。

頂花蕾と側花蕾

ブロッコリーには頂花蕾(ちょうからい)と側花蕾(そくからい)があります。頂花蕾とはブロッコリーを栽培する過程で主茎の頂部にできる花の蕾の集合体である花蕾を指します。一方、側花蕾とは別名脇芽ともいい、頂花蕾を収穫した後に主茎の周りの側枝にできる小さな花蕾の事です。頂花蕾は1株につき1つしかできませんが、側花蕾は1株に側枝の数だけたくさんできます。頂花蕾は直径が10~15㎝になるまでは収穫を待った方が良いですが、側花蕾は直径が数センチ程度になれば十分収穫できます。ブロッコリーの利点は何といっても側花蕾を収穫できる事にあります。他のアブラナ科のキャベツやカリフラワーは1株につき1個しか収穫できませんが、ブロッコリーは1株で頂花蕾1個に加えて側花蕾を幾つも収穫できます。しかも、ブロッコリーの場合は頂花蕾を収穫後、側花蕾を何度も収穫できるので、長期間に渡って収穫できるという利点があります。栽培スペースが広くはない家庭菜園では同じ株で長い期間何度も収穫できるというのは非常に助かります。

ブロッコリーとカリフラワーの違い

ブロッコリーとカリフラワーは同じアブラナ科でキャベツの仲間です。ブロッコリーはキャベツの原種が交配を繰り返した事で誕生しましたが、カリフラワーはブロッコリーが突然変異して花蕾が白く変色して生まれました。いずれもキャベツの仲間には変わりありませんが、ブロッコリーは頂花蕾に加えて側花蕾も収穫できますが、カリフラワーは頂花蕾のみの収穫となります。

種まきの方法

ブロッコリーの種まきには幾つか方法がありますが、後述の直播き、ポットやトレイにまく方法があります。ポットまきの場合はポットに培養土や種まき用土を入れ、1ポットにつき3~5粒ほどまきます。指で穴を浅めに空けて1粒ずつ種を入れて覆土します。トレイの場合は1箇所ずつ同じように穴をあけて1粒ずつ種をまきます。ポットまきの場合は発芽後に3本まで間引きし、本葉が2枚になったら2本に間引き、本葉が4枚になったら1本立ちにします。その後本葉5~6枚になれば植え付けの適期になります。一方、トレイの場合は穴が連結して幾つも種をまくことができるのですが、1穴が小さいのでポットの様に大きく成長させる事はできません。サイズにもよりますがセルトレイの場合は1穴が2~3㎝四方で種が発芽しても本葉が2枚程度までしか育ちません。セルトレイの場合は本葉が2枚程度まで成長してもうこれ以上育たない段階まできたらポットに植え替える様にします。ポットに植え替えて本葉が5~6枚まで育てば植え付け適期となります。

苗選びの基準

ブロッコリーの栽培は種まきからでも苗を購入して植え付けても可能です。初心者の場合は園芸店などで苗を購入すれば簡単に植え付けできるのでお勧めですが、苗半作といわれる様に良い苗を選ぶ事が良いブロッコリーを作る条件の一つです。ちなみに苗半作とは栽培の成功の半分は苗の良し悪しによって決まるという意味ですが、園芸店などで苗を購入する際には良い苗の選び方を知っておかなければなりません。そこでブロッコリーの苗選びの基準ですが、濃厚な緑色、茎が太くて徒長しておらず、害虫被害がなく、本葉が4~6枚といったものです。園芸店では沢山の苗が並んでいて販売している以上は基本的に良い苗を販売しているのが前提ですが、数ある苗の中にも成長差があり、又枯れかかっていたり害虫被害がある苗もあります。購入の段階でそれらを見極めて数ある苗の中からできるだけ良い苗を購入しましょう。

軟腐病

ブロッコリーに発生する病気の一つが「軟腐病」です。軟腐病は別名白腐病(しろぐされびょう)、腐敗病とも呼ばれ、細菌が繁殖すると腐敗して溶けた様な症状が発生します。軟腐病は薬剤以外の治療は困難で、細菌性の病気なので症状が発生すると株全体だけでなく他の株にも拡大する可能性があります。症状が発生したら早めに発生部位を切り取って処分するか、株全体に進行している場合は株ごと抜き取って菜園外にて処分します。軟腐病は6~10月の高温多湿の条件下で発生しやすくなるので、土壌改善や高畝にして水捌けに十分注意します。

ブロッコリーの軟腐病

ブロッコリーの種まき(7月27日)

ネットで購入したブロッコリーの種

ネットで購入したブロッコリーの種②

7月下旬に菜園にてブロッコリーの種を直播きしました。種はホームセンターや園芸店でももちろん購入できるのですが、今回はたまたま機会があってネットで購入しました。ブロッコリーとだけ表示されていて品種は不明ですが、値段は1mlで百数十円でした。種まきの仕方ですが、畝を作って畝の上に支柱を押し当てて筋を作り、種を一定の間隔で筋蒔きしていきます。ブロッコリーを含むアブラナ科の種は非常に小さくて直径が1㎜ほどしかありませんので、種まきはとても細かい作業になります。株間は最終的には30㎝以上は取るつもりですが、最初の種まきの段階では数センチ程度でも構いません。発芽して成長して行く過程で何回かに分けて間引きし、最終的に株間を確保すれば良いのです。数センチ間隔で筋蒔きしたら種が隠れる程度に薄く覆土します。

ブロッコリーの種まき(7月27日)

苗の植え付け(9月18日)

ブロッコリーの苗①(9月18日)ブロッコリーの苗②畝に直播きした種はすこぶる発芽率が悪く、栽培に十分な数の苗を確保できない為、結局苗を購入して植え付ける事になりました。ホームセンターにてブロッコリーの苗が10株パック398円で販売していました。苗の大きさは単品のポット苗よりは少し小さいのですが、植え付けてしまえばすぐに大きくなります。

 

苗が成長して収穫間近(12月22日)

植え付けた苗は徐々に成長し、12月下旬にもなると収穫可能な大きさになってきました。最初は種まきからスタートしたブロッコリー栽培ですが、結局苗を購入して植え付けたものが生き残りました。

関連記事:2「ブロッコリー」の育て方・栽培方法 ‐秋まき春どりの栽培がベスト、ブロッコリーの害虫被害、ブロッコリーの種を直播き、秋まき春どりの収穫


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA