1「えだまめ(枝豆)」の育て方・栽培方法(マメ科)

基本情報

dscf00301

分類:マメ科ダイズ属 / 学名:Glycine max (L.) Merrill / 英名:green soybeans, Edamame, Edamame bean / 種類:青豆、茶豆、黒豆 / 品種:奥原早生、だだちゃ豆、丹波の黒豆、新潟の黒崎茶豆など / 主産地:千葉、北海道、埼玉、山形、新潟など / 発芽適温(地温):25~30℃ / 生育適温:20~25℃ / 種まき時期:4~7月 / 収穫時期:7~9月

栽培のポイント

初期や着花時の乾燥は生育に影響するので適宜水遣りする / 根の根粒菌が窒素分を生成するので肥料は少なめで良い / 直播きの場合は鳥に注意 / 1穴に2株育てて収量アップ

由来・歴史

枝豆は大豆の未成熟な豆なので原産地は大豆と同じなのですが、大豆の原産地ははっきりわかっていません。しかし、大豆は弥生時代には稲作と共に中国から伝来してきました。奈良・平安時代には大豆を未成熟なまま収穫して塩ゆでする食べ方が普及しており、江戸時代には枝豆を枝付きのまま町を売り歩く枝豆売りが見られました。現在ではビールのつまみといえば枝豆といえるほど定番の組み合わせとなり、海外でも健康食として”EDAMAME”の人気が高まっています。

「えだまめ」の種まき(撮影日:04/08)

今年は「ふじやま」さんにとって本格的な家庭菜園デビューの年ですが、枝豆もはじめて作る野菜です。これまで野菜の栽培は本やネットを参考に栽培していますが、枝豆も本を参考にして「マルチシート」を敷いて栽培しました(参照:マルチングの効果)。生育適温は25℃~30℃との事なので、まだ涼しい日が続く4月では地温を高めるためにマルチシートが必要です。1畝に株間を30cmほどあけて植え穴を開けていき、各穴に種を撒きました。本によれば1穴に2~3粒撒く様にとありますが、種が勿体無いので1粒ずつ植えました。発芽しない穴には撒き直す事にして種を節約しました。畑のスペースも限られていますし、あくまでも家庭菜園ですので、1畝数十株だけの栽培です。
  dscf0016_thumbdscf0017_thumbdscf0015_thumb

株の順調な成長(撮影日:05/27)

 種まきから約2ヶ月が経過。順調な株の成長ぶりです。はじめての枝豆栽培ですが、これまでは順調な生育です。マメ科の野菜は発芽に土壌の水分や気温などに注意が必要ですが、枝豆は意外と簡単に発芽して成長しています。種まきしたのは4月初旬ですから、やはりビニールマルチは必要です。生育適温を考慮すると、地温を上昇させるにはやはりビニールマルチが効果的です。発芽も順調で株の生育も揃っていますので、これからの成長も期待できます。
dscf0025_thumb dscf0026_thumb1_thumb dscf0027_thumb

枝豆に肥料は必要か

img_0409枝豆に限らず、マメ科の野菜は肥料はあまり施さなくても大丈夫です。全く必要ないというと極端ですが、実際には「ふじやま」さんの場合は肥料を全然まきません。これはマメ科の野菜の根には「根粒菌」という微生物が豆の成長を助けてくれるからです。根には「根粒」という小さな粒が付いており、野菜の成長に必要な栄養素の一つである窒素を供給してくれます。ですから他の科の野菜と違って肥料をあまり施さなくても成長してくれるわけです。逆にあまり肥料を施すと窒素過多となり株の葉茎部分ばかりが育って、肝心の豆が大きくなりません。

「摘芯」は必要か

これまで順調に生育している枝豆ですが、ある野菜栽培の本によると「わき芽」の成長を促すために先端の芽を摘む「摘芯」を勧めています。「摘芯」をする事で「わき芽」の成長を促進し、収穫量を多くする事ができるというものですが、要はかぼちゃきゅうりと同じ手法です。しかし、どの段階で「摘芯」するとか全く記述がないし、他の本やネットで調べてもみな「摘芯」していないようです。初心者の「ふじやま」さんには判断がつかないので、今年は「摘芯」せずそのまま栽培する事にしました。1株でどの位収穫できるのかまだわかりませんが、収穫が楽しみです。

待望の初収穫 (撮影日:07/07)

4月初めに種まきした枝豆ですが、3ヶ月が経過し待望の初収穫が訪れました。はじめての枝豆収穫となり、これほど嬉しいことはありません。今日は梅雨の雨が降る朝に5株ほど丸ごと引き抜いて収穫しました。まめの大きさも十分で、あまり熟しすぎると堅くなってしまいますから、これ位が収穫適期だと思いました。雨の降る中、一さやずつ手でむしっての収穫です。ご覧の通りの大満足の収穫です。1畝丸ごと枝豆ですからまだ20株以上の未収穫の枝豆があります。これからの収穫が楽しみです。
dscf00301 dscf00342_thumb dscf00361_thumb

ビールのつまみに枝豆 (撮影日:07/07)

img_03761夏の暑い日のビールは最高ですが、その夏のビールのおつまみといえばやっぱり「えだまめ」です。夏のビールと枝豆はまさに切っても切れない縁で、最高の組み合わせです。酒を飲まない方には恐縮ですが、このコンビは最高です。もちろん、ビールはなくとも塩茹でした枝豆はたまりません。えだまめは大豆の未熟な実ですが、未熟ですからとても柔らかく食感も良い上に本来の甘味があります。「ふじやま」さんは初収穫朝取りのえだまめをさっそく塩茹でにしてみました。味は最高です。これでビールがあれば最高ですが、さすがに朝からビールは飲めません。今晩の楽しみに残りは取っておくことにしました。

真夏になる前に収穫

夏はビールに枝豆と良くいいますが、枝豆は実際には真夏前に収穫する必要があります。4~5月に種まきした枝豆は、早ければ6月下旬~7月上旬頃には収穫できます。大豆の未熟な実を食べるのが枝豆ですから、収穫があまり遅くなると実が固くなって味も落ちてしまいます。「ふじやま」さんは1畝に数十株植えましたが、7月になってから収穫し始めました。はじめの頃の収穫は柔らかくて美味しい実を食べる事ができましたが、7月中旬から下旬の収穫末期になると、さやも乾き気味で実も固くなってしまい、随分味が落ちてしまいました。今年は7月中旬を過ぎると梅雨明けの猛暑で日照りが続き、枝豆の生育にも影響が出たようです。家庭菜園ですからたくさん食べれないで1回の収量も少ないのですが、やはり収穫適期を逃してはいけない事を痛感しました。

関連記事: >>「えだまめ」の育て方・栽培方法 第2回‐2年目の枝豆栽培、水遣り不要の種蒔き、「追いまき」で苗が勢揃い、種蒔き後約1ヶ月で生育順調、種まき後2ヶ月の生育状況、収穫まであと一息、初収穫の「枝豆」、初収穫の「枝豆」の味 、収穫2回目の枝豆、収穫終了間際の枝豆、今年最後の枝豆収穫


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA