「いんげん」の栽培方法 (マメ科) 第1回

基本情報

分類:マメ科インゲンマメ属 / 原産地:中央アメリカ / 学名:Phaseolus vulgaris L. / 英名:kidney bean, common bean / 種類:つるあり、つるなし / 品種:どじょういんげん、モロッコインゲンなど / 主産地:千葉、北海道、鹿児島 / 発芽適温:23~25℃ / 生育適温: 15~25℃ / 種まき時期:4~6月 / 収穫時期:7~9月

栽培のポイント

種まき時期をずらせば長期間収穫できる / 遅霜に注意して早まきしない / 発芽前は鳥に食べられ易いので注意する / 株が疲れるので早めに収穫する

由来・歴史

中央アメリカ原産の「インゲン」は現在のメキシコ南部、グアテマラ、コスタリカ一帯で栽培されていましたが、中南米各地に広がり、コロンブスの新大陸発見以降ヨーロッパに伝わりました。その後中国を経由して1654年に隠元禅師によって日本に伝わりました。当初は「インゲン」の豆のみを食用としていましたが、明治時代になって欧米から新品種が導入、栽培奨励される様になると、未成熟な実をさやごと食べる「サヤインゲン」が普及しました。

初栽培は「つるなし」種

dscf00151今年ははじめて「いんげん」を栽培してみました。いんげんは「つるあり」と「つるなし」の品種がありますが、初めてで支柱の立て方や場所もわからないので、栽培しやすい「つるなし」種を作ることにしました。「つるなし」は収穫期間が短いですが、種まきの時期をずらせば何度も収穫する事ができます。まずは1畝に種まきして、畑の他の区画が空けば又種まきしてみたいと思います。

「鳥よけ」設置の種まき(撮影日:05/13)

dscf0069 dscf0070

いんげんは豆ですから種まきの際は鳥に食べられない様に注意しなければなりません。種は消毒して赤くなっていますが、鳥はそんな事はお構いなしに食べてしまいます。苗のカゴや網を土の上にかぶせ、鳥の被害を防ぎます。カゴもこういう場面で役立つのでとっておくと便利ですが、家庭菜園程度ではそんなにたくさんありません。カゴがなければ「寒冷紗」を使っても良いと思います。

いんげんの「種まき」

 いんげんは豆類ですが、豆類は種まきの際の「水やり」には注意が必要です。他の野菜、たとえば「きゅうり」「だいこん」などは種まきしてから適度な「水やり」は欠かせませんが、いんげんははじめに少々水を与えればあとは極端に乾燥していなければ発芽まで「水やり」は必要ありません。あまり水を与えすぎると、かえって種が腐ってしまうからです。実際、私もはじめの種まきの際はあまり発芽せず、原因を調べているうちにこの事がわかりました。さらに、梅雨の時期に種まきする場合は雨の日や雨天後の水分過多の土壌を避けた方が良いです。2回目の種まき以降は、天候、土壌の水分、そして水やりに気をつけた結果、発芽率が大幅に改善しました。

「収穫」期間近のいんげん(撮影日:06/30)

yasai4yasai10

種まきから1ヶ月以上が経ち、ようやく収穫間近になってきました。いんげんは1畝に種まきして30株近くありますので、これからの食卓がにぎやかになりそうです。葉に覆われて目立ちませんでしたが、よくみるともうすぐに収穫できそうな実がなっています。はじめてのいんげん栽培でここまでできれば上出来です。いんげんはやっぱり茹でてマヨネーズをつけて食べるのが美味しいですね。収穫が楽しみです。

初収穫の「いんげん」(撮影日:07/06)

dscf0014種まきから約2ヶ月が経過し、ようやくはじめての収穫です。1株に数十本のさやができていて、こんなにたくさんできるとは思っていませんでした。いんげんはあまり成長しすぎると堅くなっていまいますから、これから早めに収穫しなければなりません。とりあえずこれだけ収穫しましたが、さっそく茹でてマヨネーズをつけて食べてみました。「おいしい!」です。

種まき時期をずらす必要性(撮影日:07/15)

dscf032初収穫を終え、続々といんげんの収穫をしていますが、つるなし種の場合は種まきの時期をずらす必要があります。今回はじめてのいんげんの栽培をして痛感したのですが、家庭菜園レベルの消費量では一度に食べ切れません。一畝で30株ほど育てるように種まきしましたので、同時期に収穫を迎えると量が多すぎます。いんげんは比較的長期間種まきできるので、数週間ずつずらして種まきすれば継続的に食べる事ができます。もちろん、つるあり種なら順次収穫していけば良いので、来年はつるあり種の栽培もしてみたいと思います。

「土寄せ」で倒伏防止

「つるなし」種を栽培する場合には、株が倒れてしまわない様に「土寄せ」が必要です。今回がはじめての栽培で種まき期にビニールマルチを敷いたのですが、マルチを敷いたまま成長すると株が倒伏してしまいます。株が倒れてさやが土に着くようになると、汚れたり傷んだりしてダメになってしまいます。当たり前のことですが、今回何もわからずにマルチをそのままにして栽培していたため、収穫期が近づくにつれ収穫不能なさやが続出してしまいました。成長期がちょうど梅雨の時期にあたり、畑の土は頻繁に水浸しになっています。さやの重さで株が倒れてしまい、ぬかるんだ土でさやが傷んでしまいました。次回からはある程度のところでマルチをはずすか、はじめからマルチを敷かずに、「土寄せ」を確実にしようと思います。

>> 「いんげん」の栽培方法 第2回


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA