2-②「かぼちゃ」の育て方・栽培方法 (ウリ科)

今年最初の人工受粉(06/05)

img_0427種まきから約2ヶ月が経過し、ようやく最初の花が咲きました。茎も葉も随分立派になり、最初の双葉の苗の頃からの成長は目覚しいものがあります。早朝、雌花と雄花が1つずつ咲いていたので、人工受粉を行いました。昨年は朝早すぎたのでまだ花が開いてませんでしたが、今回は午前7時頃でしたので既に開花していました。昨年は花をちぎって中の雄しべを取り出したのですが、今年は麻紐の切れ端を使って花粉を取り出しました。本当は綿棒でもあれば一番良いのですが、ないので誘引に使う麻紐を代用しました。かぼちゃのつるはぐんぐん伸びていきますが、実がなる雌花はつるの部分に咲く一方で、雄花は株元に咲きます。初めての方はどちらかわかりにくいですが、花の下に小さな玉が出来ているのが雌花です。かぼちゃはこの小さな玉が実になるのですから一番重要な部分です。受粉を確実に行い、土などがかからない様にして大切に育てていきたいと思います。

dsc00395dsc00397 dsc003981

毎日の人工受粉ラッシュ(06/09)

dsc00400 dsc00409 dsc00412

最初の人工受粉から数日経ちましたが、ほぼ毎日人工受粉の作業をしています。かぼちゃは2畝で15株以上栽培していますので、次から次へと花が咲いている状態です。周りにミツバチがいる気配もないので、やはり手作業で人工的に受粉しておいたほうが確実です。昨年ははじめてかぼちゃを栽培したので、人工受粉のタイミングを逃す場面もありました。はじめになった雌花の人工受粉を忘れ、実が枯れてしまったのを覚えています。せっかくできた実を受粉できなかったのは何とも残念でした。今年はそのような失敗はしまいとはじめの雌花から確実に受粉を行いました。言うまでもありませんが、受粉は同一株の雌花と雄花では成功しません。必ず別々の株の雌花と雄花で受粉させなければなりません。今日まででほぼ毎朝受粉作業を行い、一日1玉もしくは2玉を受粉しています。既に受粉を終えた最初の雌花はもうしおれてしまい、雌花の下の実は受粉されて大きくなり始めています。花が咲いている時間も朝だけでせいぜい1日、2日程度ですから受粉のタイミングは逃してはいけません。しばらくは受粉作業に追われますが、成功して実が大きくなるのを見るのは嬉しい限りです。

品種不明だが人工受粉完了(06/13)

 

雌花が次々と咲いて受粉作業が続きますが、最初に人工受粉した実が大きくなり始めました。実が腐らずにこうしてカボチャの模様が見え始めてきたのは、明らかに受粉が成功した証です。まだゴルフボール大程度の小さな実ですが、これからぐんぐんと成長してくれると思います。パッと見た限りでは、去年作ったかぼちゃとは同じ様には見えません。昨年は白くて模様もない雪化粧の様な品種でしたが、この実は緑のえびすカボチャの様な外見です。まだ実が小さいのでこれから変わるのかわかりませんが、どうも白かぼちゃとは違う気がします。どちらにしても無事に成長してくれれば嬉しいです。葉や茎は青々と生い茂り今の所病気の兆候は見られません。昨年は「うどんこ病」に悩まされましたが、今年はまだ大丈夫です。「うどんこ病」は比較的発生しやすい病気らしいので、今年も心配です。「ふじやま」さんの家庭菜園は無農薬の消毒ナシが原則なので、何とかこのまま収穫まで成長して欲しいです。

img_0274img_0265img_0267

着々とかぼちゃの実が成熟中(06/20)

dsc005301受粉が成功したかぼちゃの実が着々と大きくなり成熟していきます。はじめはゴルフボール大の大きさの実が、1週間経った今ではソフトボール大の大きさまで成長しました。色も淡い緑色から濃い緑色になり、いかにもかぼちゃの実らしくなってきました。収穫の目安は一般的には受粉から40~50日位といわれていますので、6月中旬に受粉した実は7月末が収穫適期になります。初めに受粉した実の他にも次々と受粉して成長していますが、果たしてどれだけのかぼちゃが無事収穫できるか楽しみです。早く梅雨があけて天候が良くなってくればかぼちゃの生育も一段と進むと思います。

かぼちゃの収穫適期の見極め方(07/02)

img_0425 img_0427

7月に入り、受粉から1月以上経ちましたが、収穫時期はいつ頃でしょうか。実はかなり大きくなり、見た目にはもう収穫時期を迎えているようです。しかし、かぼちゃは若どりし過ぎても遅く収穫しても味が落ちてしまうので、収穫時期の見極めは重要です。とはいっても「トマト」のように赤くなるわけでもなし、「きゅうり」のように大きさだけで判断できないので、時期の見極めは難しいものです。昨年はつるが全て枯れてしまったので収穫しましたが、今年はまだ緑鮮やかで旺盛です。昨年の様に「うどんこ病」が一部でみられますが、全面に広がるまでには到らず何とか収穫まで持ちそうです。色々調べてみると、かぼちゃの収穫適期はつると実の間の「へた」の部分が「コルク状になり縦割れした頃」との事です。実が大きくなるにつれて「へた」の部分がだんだん大きくなってきますが、大きくなるとワインのコルクの様に肥大してきます。実が成長して熟してくると皮が濃く固くなり、へたも肥大して固くなり縦に割れてきます。ここまでじっくり成長したかぼちゃは十分肥大して熟しており、収穫適期というわけです。まだそのコルク状の状態にはなっておらず、あと1、2週間位で収穫期というところでしょうか。

関連記事: >> 「かぼちゃ」の栽培方法 第2回③ ‐今年も「うどんこ病」発生、株が枯れ始めて栽培終了間近、待望の初収穫、表面が傷んでも中身は大丈夫、つるが枯れる寸前に収穫、栽培終了で畑の掃除、家庭菜園で「かぼちゃ」は作るべきか / <<「かぼちゃ」の栽培方法 第2回① ‐白かぼちゃの「自家採種」、種まき、発芽しない自家採種の種、スーパーで採種用にかぼちゃを購入、種の保存は新聞紙で包む、発芽率20%のかぼちゃの種、苗を畑に移植、自家採種の種は雑種の可能性、追加の種まき、生育順調で風除け除去 / <<「かぼちゃ」の栽培方法 第1回① ‐基本情報、栽培のポイント、由来・歴史、苗の植え付け、生育異なる「えびす」南瓜、西洋種の「えびすかぼちゃ」、「人工授粉」、授粉成功、捨てた種から発芽した「かぼちゃの苗」 / << 「かぼちゃ」の育て方・栽培方法 第1回② ‐収穫間近、梅雨の長雨で病気発生、「うどんこ病」発生で収穫の危機、「竹酢液」で病害予防、病気の葉を除去、初収穫、煮物、収穫終了、少ない収穫量


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA