マルチングの効果‐地温調整、乾燥・泥はね・病虫害・土壌硬化・雑草防止

マルチングとは

マルチングとは植物を植えた土の表面を藁(わら)、ウッドチップやビニールなどの資材で覆う事です。プロの農家のみならず家庭菜園レベルでも幅広く利用されており、又果樹、庭木や草花などの園芸にも利用されています。土の表面を覆う事で地温調整、乾燥防止、泥跳ね防止、病害虫防止、肥料流失防止、土壌流出防止、土壌硬化防止、雑草防止、外観向上などの効果が期待できます。一方で、マルチングは土の表面を覆ってしまうので追肥が難しくなり、特にビニールマルチでは使用後はゴミになってしまう欠点もあります。又、ジャガイモ、サトイモや長ネギなど土寄せが必要な野菜には向いておらず、トマト、ピーマンやナスなど苗から作る野菜向きといえます。

マルチングの効果

土の表面を被覆資材で覆うマルチングは資材の費用も資材で覆う手間もかかるのですが、それらを補って余りある効果を期待できます。まず、草花や庭木などの園芸ではウッドチップやバークチップでマルチングをする事で見栄えを良くする事ができます。園芸においては外観は重要な位置を占めているので、マルチングをする事で土の表面が剝き出しにならず、外観の向上を期待できます。又、家庭菜園においては地温調整、乾燥防止、泥跳ね防止、病害虫防止、肥料流失防止、土壌流出防止、土壌硬化防止、雑草防止などいろんな効果が期待できます。

地温調整

まず、地温調整とは土壌温度の上昇促進、低下促進、上昇抑制、低下抑制、保持などを指しますが、これらは使用するマルチの種類や時期によって効果が異なるからです。マルチを使用する事で土壌温度の上昇・低下を促進したり、上昇・低下を抑制したり、保持したりできます。又、マルチをする事で土壌温度が急激に変化する事を防ぐ事も出来ます。土壌にある植物の根は特に温度の急激な変化によって被害を受けるのでマルチングは有効です。

乾燥防止

次に、マルチで土の表面を覆う事により土壌の水分が蒸発する事を抑えて乾燥するのを防ぐ事ができます。植物の生育には水分が欠かせず、土壌に常に適度な水分が保持されている必要があります。快晴が続いて雨がしばらく降らない様な時でもマルチをしていれば土壌水分を保持する事ができます。更に、マルチで密閉されている事で水やりの回数を減らす事もできます。

泥跳ね防止・病害虫防止

更に、マルチによって土の表面を被覆資材で覆う事で土の泥が植物の茎葉に付着するのを防ぐ事ができます。植物に病気を引き起こす病原菌は土壌中に潜伏している事が多く、それらは土が付着する事で植物に侵入します。植物の根はもちろん土壌中にあるので病原菌が侵入するリスクがあるのですが、根は植物の一部分ですし、切り口や傷がついていなければそれほど侵入経路があるわけではありません。しかし、地上部分の茎、葉、実は表面積も広く、地上に露出して風雨に晒されている事もあって、泥が付着すれば土壌に生存する病原菌が侵入するリスクが高くなります。

肥料・土壌流出防止

又、土の表面を覆うマルチングをする事で風雨から肥料や土壌の流出を避ける事が出来ます。せっかく肥料を施しても降雨によって大半が流出する事もしばしばです。そして、せっかく土を耕して畝を作っても大雨で畝の土壌が削れてしまい、降雨後は畝が半分の高さになってしまう事もあります。折角苦労して高い畝を立てたのにたった一日の雨で半分の土が流れてしまい、畝が低くなることもあります。ところが、畝にピッチリとビニール製のマルチをしておけば、雨は肥料や土を流さずにマルチを伝って脇の畝間に流れていくので、肥料や土壌の流出を防げるというわけです。

土壌硬化防止

他にマルチングの効果の一つとして挙げられるのは土壌が固くなるのを防げる事です。「ふじやま」さんもこれまで数えきれない位マルチを敷きましたが、その効果は経験済みです。マルチを敷いて作物の収穫期間が終わっていよいよ株も枯れてくると、マルチを撤去します。そのマルチの撤去作業と同時に次作への準備で土を耕す事が多いのですが、土を耕す時にマルチ脇の通路となっている土はとても固くて掘り起こすのに苦労しますが、マルチを剥がした後の畝の土は信じられない位フカフカになっています。ナスやピーマンの様に何か月も栽培する野菜を作った後の畝でも驚くほど柔らかくてフカフカしています。これは前述の肥料や土壌の流出を防止する効果と同じく、マルチが土壌を雨から守る事で固くなる事を防いでいるのです。

雑草防止効果

マルチングの効果の一つは雑草を防止してくれる事です。敷き藁、ウッドチップ、ビニールマルチなどマルチは色々種類がありますが、土の表面を日光から遮るマルチングは雑草を抑制する効果があります。家庭菜園で頭を悩ますものの一つが雑草で、雑草という言葉通り、雑草は生命力が強く抜いても抜いてもいくらでも生えてきます。しかしながら、いくら生命力が強い雑草でも日が当たらなければ育つ事はできません。土の表面を完全に遮光してしまえば植物は育たないというわけです。しかし、注意しなければならないのは透明のビニールマルチで、これは完全に日光を通すだけでなく、場合によっては地温上昇効果により逆に雑草の生長を促進する事もあります。透明マルチを使用している場合はマルチの中を見て雑草が出たらこまめに除去する必要があります。

関連記事:マルチングの種類-藁、草、チップ、ポリフィルム / マルチングの方法‐マルチの張り方とコツ ‐ポリマルチの張り方


マルチングの効果‐地温調整、乾燥・泥はね・病虫害・土壌硬化・雑草防止」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: 「きゅうり」の栽培方法 (ウリ科) 第2回 – 「ふじやま」さんの家庭菜園

  2. ピンバック: 「すいか(西瓜)」の栽培方法 (ウリ科) 第1回② – 「ふじやま」さんの家庭菜園

  3. ピンバック: 「えだまめ」の栽培方法 (マメ科) 第1回 – 「ふじやま」さんの家庭菜園

  4. ピンバック: 「とうもろこし」の栽培方法 (イネ科) 第1回 – 「ふじやま」さんの家庭菜園

  5. ピンバック: 「だいこん(大根)」の栽培方法 (アブラナ科) 第2回 – 「ふじやま」さんの家庭菜園

  6. ピンバック: 「ピーマン」の栽培方法 (ナス科) 第1回 – 「ふじやま」さんの家庭菜園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA