病気

スポンサーリンク
栽培の基本

軟腐病の特徴、発生条件、予防と対策

軟腐病(なんぷびょう)の特徴 軟腐病は野菜、草花、球根植物などに発生する細菌性の病気です。別名白腐病(しろぐされびょう)、腐敗病とも呼ばれ、細菌が繁殖すると腐敗して溶けた様な症状になります。症状は葉、茎、花、果実などに現れますが、腐...
栽培の基本

つる枯病の特徴、予防と対策

つる枯病の特徴 カボチャ、キュウリ、スイカなどウリ科の野菜に多く発生するカビの一種である糸状菌が原因の病気です。葉、茎、果実などが灰色から黄褐色に変色し、水が染みた様に柔らかくなってヤニや黒い斑点が現れます。発病した部分は症状が進行...
栽培の基本

青枯病(あおがれびょう)の特徴、予防と対策

青枯病(あおがれびょう)の特徴 青枯病はトマト、ナス、ピーマン、ジャガイモなどナス科の野菜に多く発生する青枯病菌と呼ばれる細菌性の病気です。発症すると日中は萎れて夕方は回復するといった事を繰り返しますが、やがて青みが残ったまま株全体...
栽培の基本

野菜の病気について‐種類、発生条件、感染経路、予防、対策

かぼちゃのうどんこ病 野菜と病気の関係 野菜作りにおいて病気は切っても切れない関係です。切れるにこした事はありませんが、家庭菜園で野菜を作る以上は完全に病気を防ぐ事はまず不可能です。どんなに気をつけていても手を尽くしても病気が...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました