栽培の基本

スポンサーリンク
栽培の基本

摘心・摘葉について

「摘心」の定義 「摘心」とは別名「ピンチ」、「摘芯」とも呼ばれ、野菜、草花、果樹など植物の茎の先端にある芽、「頂芽(ちょうが)」を摘み取る事です。「摘心」で芯を止める事により頂芽より先は成長しなくなりますが、その代わりに茎の側面にあ...
栽培の基本

中耕について‐定義、効果、目的とは

中耕の定義と効果 中耕(ちゅうこう)とは作物の生育期間中に畝の間や株の間の土の表面を浅く軽く耕す作業です。別名「中打ち」ともいい、中耕をする事で土が柔らかくなり通気性と排水性の向上につながります。栽培開始当初はまだ耕して畝立てしたば...
栽培の基本

土寄せについて‐定義、効果、種類、方法

「土寄せ」の定義と効果 「土寄せ」とは畝の間や株元の周辺の土を株元に寄せる作業です。野菜の栽培行程の一つとして行われる作業で、「中耕」や「追肥」と一緒に行われる事が多いです。「土寄せ」は野菜の株が大きくなるに従って根も大きく張る様に...
栽培の基本

間引きについて-定義、タイミング、方法、ポイント

「間引き」の定義 野菜を作る上での「間引き」とは、種を多めに播いて発芽、成長するにつれて生育の悪い苗を取り除いて生育の良い苗を残していく作業です。野菜にはそれぞれ適切な生育スペース、すなわち株間があり、適切な株間を確保できずに密植又...
栽培の基本

苗の重要性と苗の植え付け方法について

野菜の苗の重要性「苗半作」 農業の世界では昔から「苗半作」という言葉が言い伝えられてきました。「苗半作」とは「苗代半作」とも呼ばれ、苗の出来具合で作柄の半分は決まる、良い苗を作れば半分は成功したようなものという意味です。「苗半作」は...
栽培の基本

種・種まきについて‐種まき方法、有効期限、発芽率、保存方法

種か苗かどちらで育てる 家庭菜園で野菜をつくるには種からつくるのかそれとも苗からつくるのか迷う時があります。この野菜は種から育てた方が良いのか苗を購入して育てた方が良いのか悩む事があるのです。特に家庭菜園を始めたばかりの初心者にはこれはなか...
栽培の基本

家庭菜園の水やりについて‐重要性と基本事項

水遣りの重要性 農業や家庭菜園において水遣りは極めて重要です。農業の世界では「水やり三年」といわれるほど難しい作業で、簡単そうにみえて実は非常に奥が深い作業です。水遣りの仕方を間違えれば野菜の成長を促進するどころか逆に妨げとなってし...
栽培の基本

野菜の病気について‐種類、発生条件、感染経路、予防、対策

かぼちゃのうどんこ病 野菜と病気の関係 野菜作りにおいて病気は切っても切れない関係です。切れるにこした事はありませんが、家庭菜園で野菜を作る以上は完全に病気を防ぐ事はまず不可能です。どんなに気をつけていても手を尽くしても病気が...
栽培の基本

農具・家庭菜園道具の種類‐鍬、ホー、鎌、シャベル、ジョウロ、酸度計など

鍬(クワ) 通常木製の柄の先に平の鉄や3、4本の鉄製の爪などが付いており、土起こし、土を砕いたり、土寄せ、畝立てなど一連の農作業や家庭菜園で欠かせない道具の一つです。柄の先が1枚の長方形の板状の平鍬、先が肉厚で広くなっている唐鍬、3本、4...
栽培の基本

家庭菜園の雑草について‐定義、影響と対策方法

除草した雑草の山 雑草の定義 雑草とは野菜作りにおいて作物以外の植物を指します。雑草は雑草魂という言葉がある通り、踏まれても刈られても復活するほど生命力、再生力、そして繁殖力が強いです。例え根まで抜かれても幾つもの種をこぼして...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました