スポンサーリンク

モザイク病の特徴と対策

この記事は約2分で読めます。

モザイク病の特徴

別名ウイルス病。野菜だけでなく、草花などにも発生します。花弁や葉に濃淡のモザイク状の斑点が現れ、葉が縮れて、株の生長が抑制されます。発生時期は3~11月と生育期間の全般に渡ります。べと病は胞子が飛散する事で伝染しますが、モザイク病は接触によって感染します。主な感染経路は虫によるものと人間によるものがあります。モザイク病にかかった植物からアブラムシなどが汁を吸うと感染し、その感染したアブラムシなどが他の植物に移動して汁を吸ったりする事で伝染します。人間による場合はウイルスに感染した植物を剪定バサミを使ったまま消毒することなく他の植物に使用すると伝染するという場合です。

モザイク病
By: Scot Nelson

モザイク病の予防と対策

1回剪定する毎に消毒するというのは手間がかかり現実的ではないかもしれませんが、プロの農家さんならそうした事もしているかもしれません。又、アブラムシが感染を媒介するのでアブラムシを駆除すれば良いのですが、全てのアブラムシを駆除するというのはさすがに無理かもしれません。薬剤を使えばアブラムシを駆除し、寄せ付けない事も可能かもしれませんが、家庭菜園では使いたくないというのが本音ではないでしょうか。モザイク病は治療法はない不治の病で、発生してしまったら早めの処置が必要です。すなわち、発生した部分を摘み取り、症状の発生範囲によっては株全体の処分を行います。治療法はないので何より病気を予防する事が重要です。予防するにはウイルスの媒体となるアブラムシを防ぐ為、シルバーマルチ、トンネル、ビニール、防虫ネットなどの設置やモザイク病に抵抗性のある接木苗の利用をしたり、剪定バサミの消毒などが有効です。

関連動画

草花の病気 モザイク病

コメント

  1. […]  栽培が比較的簡単といわれるじゃがいもですが、それでも適切な植え付けをしなければちゃんと育ちません。じゃがいもの種芋を植え付けるには適切な方法を守る事が大切です。じゃがいもの種芋は実は自分の畑でも昨年の収穫し忘れた芋を使う事もできます。しかし、後述の通りウィルス病の危険性を考えると必ず種苗店で検査済みの種芋を使わなければなりません。まず、種芋を適当に切り分けて丁度良い植え付けの大きさにする必要があります。一般的には30~40gの大きさのものはそのまま1個使いますが、60g以上のものは2個に切り分け、100g以上のものは4個程度に切り分けます。もちろん、わざわざ切り分けなくてももちろん丸ごと1個植えても良いのですが、やはり種芋の数が多いほうが収穫量が上がりますので、切り分けた方が得策です。尚、種芋を切り分けるときに注意しなければならないのは、必ず芋のお尻の部分に当たる「ナリジク」を下に向けて切り分ける事です。切り分けるどちらの切れ端にも「ナリジク」がある様な切り方をしないと、一方にしか芽が出ない事になります。芋の芽は「ナリジク」の反対方向から出るからです。そして、切り口は必ず「草木灰」をつけて防腐処理をする事が必要です。露出した切り口をそのままにして土中に植えつければ、当然ながら腐ってしまうからです。灰をつけなくても2、3日日光に当てて切り口を乾燥させてしまえばそのままでも植えつけられますが、手間を考えれば「草木灰」を使う方が簡単です。「草木灰」を切り口につけておけばリン酸等の肥料も吸収できて腐る事もありません。そして植え付けの際には当然ですが芽の出ているほうを上にして、又は切り口を下にして植え付けなければなりません。肥料は堆肥を主体に化成肥料を加えますが、種芋と種芋の間に種芋に触れないように施すのが重要です。堆肥が種芋に多少触れても大丈夫ですが、化成肥料が直接種芋にふれると種芋が最終的に腐る「肥料焼け」を起こしてしまいます。種芋同士の間隔は30cm程度は確保して、その間に肥料を施すようにします。溝の深さは15cm~25cmと教本によって様々ですが、栽培の地域、各年の気候、気温など様々な条件によって最適な深さは異なります。いずれにせよ、これらの植え付け方法を守る事でおいしいじゃがいもを作ることができます。 […]

  2. […] 野菜作りにおいて発生する病気にはたくさんの種類があります。べと病、モザイク病、うどんこ病、根こぶ病、半身萎凋病、萎凋病、疫病、菌核病、灰色カビ病、葉カビ病、そうか病、さび病、軟腐病、つる枯病、つる割病、青枯病、黒星病、立枯病、炭疽病、根腐病、尻腐病、萎黄病、黒腐病、斑点細菌病、褐色腐敗病、黒穂病などです。病名は一見して症状がわかるものがほとんどで、中でも「腐る」意味の「腐」や「枯れる」意味の「枯」が入った病気が多いです。病気が発生すると初期の症状はそれぞれ違っても、最終的には腐ってしまったり、枯れてしまうものがほとんどです。 […]

タイトルとURLをコピーしました