スポンサーリンク

マルチングの効果‐地温調整、乾燥・泥はね・病虫害・土壌硬化・雑草防止

この記事は約4分で読めます。

マルチングとは

マルチングとは植物を植えた土の表面を藁(わら)、ウッドチップやビニールなどの資材で覆う事です。プロの農家のみならず家庭菜園レベルでも幅広く利用されており、又果樹、庭木や草花などの園芸にも利用されています。土の表面を覆う事で地温調整、乾燥防止、泥跳ね防止、病害虫防止、肥料流失防止、土壌流出防止、土壌硬化防止、雑草防止、外観向上などの効果が期待できます。一方で、マルチングは土の表面を覆ってしまうので追肥が難しくなり、特にビニールマルチでは使用後はゴミになってしまう欠点もあります。又、ジャガイモ、サトイモや長ネギなど土寄せが必要な野菜には向いておらず、トマト、ピーマンやナスなど苗から作る野菜向きといえます。

マルチングの効果

土の表面を被覆資材で覆うマルチングは資材の費用も資材で覆う手間もかかるのですが、それらを補って余りある効果を期待できます。まず、草花や庭木などの園芸ではウッドチップやバークチップでマルチングをする事で見栄えを良くする事ができます。園芸においては外観は重要な位置を占めているので、マルチングをする事で土の表面が剝き出しにならず、外観の向上を期待できます。又、家庭菜園においては地温調整、乾燥防止、泥跳ね防止、病害虫防止、肥料流失防止、土壌流出防止、土壌硬化防止、雑草防止などいろんな効果が期待できます。

地温調整

まず、地温調整とは土壌温度の上昇促進、低下促進、上昇抑制、低下抑制、保持などを指しますが、これらは使用するマルチの種類や時期によって効果が異なるからです。マルチを使用する事で土壌温度の上昇・低下を促進したり、上昇・低下を抑制したり、保持したりできます。又、マルチをする事で土壌温度が急激に変化する事を防ぐ事も出来ます。土壌にある植物の根は特に温度の急激な変化によって被害を受けるのでマルチングは有効です。

乾燥防止

次に、マルチで土の表面を覆う事により土壌の水分が蒸発する事を抑えて乾燥するのを防ぐ事ができます。植物の生育には水分が欠かせず、土壌に常に適度な水分が保持されている必要があります。快晴が続いて雨がしばらく降らない様な時でもマルチをしていれば土壌水分を保持する事ができます。更に、マルチで密閉されている事で水やりの回数を減らす事もできます。

泥跳ね防止・病害虫防止

更に、マルチによって土の表面を被覆資材で覆う事で土の泥が植物の茎葉に付着するのを防ぐ事ができます。植物に病気を引き起こす病原菌は土壌中に潜伏している事が多く、それらは土が付着する事で植物に侵入します。植物の根はもちろん土壌中にあるので病原菌が侵入するリスクがあるのですが、根は植物の一部分ですし、切り口や傷がついていなければそれほど侵入経路があるわけではありません。しかし、地上部分の茎、葉、実は表面積も広く、地上に露出して風雨に晒されている事もあって、泥が付着すれば土壌に生存する病原菌が侵入するリスクが高くなります。

肥料・土壌流出防止

又、土の表面を覆うマルチングをする事で風雨から肥料や土壌の流出を避ける事が出来ます。せっかく肥料を施しても降雨によって大半が流出する事もしばしばです。そして、せっかく土を耕して畝を作っても大雨で畝の土壌が削れてしまい、降雨後は畝が半分の高さになってしまう事もあります。折角苦労して高い畝を立てたのにたった一日の雨で半分の土が流れてしまい、畝が低くなることもあります。ところが、畝にピッチリとビニール製のマルチをしておけば、雨は肥料や土を流さずにマルチを伝って脇の畝間に流れていくので、肥料や土壌の流出を防げるというわけです。

土壌硬化防止

他にマルチングの効果の一つとして挙げられるのは土壌が固くなるのを防げる事です。「ふじやま」さんもこれまで数えきれない位マルチを敷きましたが、その効果は経験済みです。マルチを敷いて作物の収穫期間が終わっていよいよ株も枯れてくると、マルチを撤去します。そのマルチの撤去作業と同時に次作への準備で土を耕す事が多いのですが、土を耕す時にマルチ脇の通路となっている土はとても固くて掘り起こすのに苦労しますが、マルチを剥がした後の畝の土は信じられない位フカフカになっています。ナスやピーマンの様に何か月も栽培する野菜を作った後の畝でも驚くほど柔らかくてフカフカしています。これは前述の肥料や土壌の流出を防止する効果と同じく、マルチが土壌を雨から守る事で固くなる事を防いでいるのです。

雑草防止効果

マルチングの効果の一つは雑草を防止してくれる事です。敷き藁、ウッドチップ、ビニールマルチなどマルチは色々種類がありますが、土の表面を日光から遮るマルチングは雑草を抑制する効果があります。家庭菜園で頭を悩ますものの一つが雑草で、雑草という言葉通り、雑草は生命力が強く抜いても抜いてもいくらでも生えてきます。しかしながら、いくら生命力が強い雑草でも日が当たらなければ育つ事はできません。土の表面を完全に遮光してしまえば植物は育たないというわけです。しかし、注意しなければならないのは透明のビニールマルチで、これは完全に日光を通すだけでなく、場合によっては地温上昇効果により逆に雑草の生長を促進する事もあります。透明マルチを使用している場合はマルチの中を見て雑草が出たらこまめに除去する必要があります。

関連記事:マルチングの種類-藁、草、チップ、ポリフィルム / マルチングの方法‐マルチの張り方とコツ ‐ポリマルチの張り方

コメント

  1. […] 「きゅうり」の栽培も今年で2回目を迎え、栽培も手馴れたものになってきました。昨年は種蒔きが6月と遅くからのスタートとなり、収穫も遅かったので、今年は早めの種蒔きをしました。栽培が難しいと敬遠していたきゅうりですが、いざ作ってみるとコストパフォーマンスも高く、夏の家庭菜園には欠かせない野菜だと感じたからです。種袋の裏書説明には種蒔きは3月下旬よりと記載されていますが、3月でもまだまだ寒いので、3月末日の種蒔きとなりました。少しせっかちな感じもしますが、昨年収穫したきゅうりの美味しさが忘れられず、一刻も早い収穫を望んで早蒔きとなったのです。早蒔きするからにはしっかりと土作りを行い、ビニールマルチを敷いて地温の上昇を図る事を怠ってはいけません。透明のビニールマルチは後々雑草が生える心配もありますが、それにもまして地温の上昇効果は抜群です。早蒔き、早植えする場合はビニールマルチは欠かせません。もちろん温室栽培が最も栽培温度の上昇に寄与しますが、ただの家庭菜園レベルではとても温室は用意できません。ビニールマルチを張る事によって早蒔きを可能とし、土の跳ね返りによる病害防止にも役立つので本当に便利です。畝立てからビニールを張るマルチングは結構手間がかかりますが、手間をかけた分だけ必ず報われるのが野菜作りです。 […]

  2. […] スイカやカボチャ栽培ではワラを敷くのが定番ですが、マルチのみでワラを敷かずにいたら雑草だらけになってしまいました。ワラというのは意外と手に入らないもので、農家でもなければ買ってくるしかありません。苗の購入の際に、ホームセンターで探してみると非常に高いので断念しました。20リットルのポリ袋位に裁断されたワラが入っていましたが、たったそれだけで600円ほどしたのを覚えています。スイカ6株を栽培するために区画全面にワラを敷くとしたら数千円はかかってしまいます。苗自体は1株98円ですから、あまりにも勿体無い話です。結局、ワラの購入は断念して株元だけマルチを敷く事にしたのですが、6月下旬まで放任していたら信じられない位に雑草が繁殖してしまいました。丁度梅雨の時期で雑草が生い茂るには最適の時期ですが、スイカにとっては日も当たらず栄養も奪われて良い事はありません。植え付け当初、ワラの代わりに布でも敷こうかと悩みましたが、つるから養分を吸収できなくなると困るので、そのまま放置していたらこのような状態になってしまいました。初めてのスイカ栽培といえど完全に失敗です。しかし、株はもちろんまだ生きていますから、これから何とか雑草を取り除いてつるが見えるようにしたいと思います。 […]

  3. […] 今年は「ふじやま」さんにとって本格的な家庭菜園デビューの年ですが、枝豆もはじめて作る野菜です。これまで野菜の栽培は本やネットを参考に栽培していますが、枝豆も本を参考にして「マルチシート」を敷いて栽培しました(参照:マルチングの効果)。生育適温は25℃~30℃との事なので、まだ涼しい日が続く4月では地温を高めるためにマルチシートが必要です。1畝に株間を30cmほどあけて植え穴を開けていき、各穴に種を撒きました。本によれば1穴に2~3粒撒く様にとありますが、種が勿体無いので1粒ずつ植えました。発芽しない穴には撒き直す事にして種を節約しました。畑のスペースも限られていますし、あくまでも家庭菜園ですので、1畝数十株だけの栽培です。    […]

  4. […]  株も大分成長してきたので、「マルチの除去」と「土寄せ」を行いました。初期の生育促進の為に敷いた「ビニールマルチ」も今では気温も上昇し株も大きくなってきたので、取り除いても大丈夫です。マルチシートは地温の上昇、雑草防止、土跳ねによる病害防止など色々な効果がありますが(参照:マルチングの効果)、とうもろこしは初期生育さえ順調にいけば後はそれほど病害の心配もありませんので、マルチシートを外しても問題ありません。又、マルチシートといっても透明なので雑草は中からどうしても生えてしまいます。むしろ、マルチシートを外す理由は「土寄せ」をする為です。もろこしの株は最長2メートル近くにもなり重量も増えてくるので、倒伏防止のための「土寄せ」は必須です。ある程度株が成長してきたら、風で倒れてしまわないようしっかりと「土寄せ」をしなければなりません。実際、前述のように6月にも関らず台風並みの強風がきて、株が倒れるまでいかずとも傾いてしまう被害を受けました。幸い深刻な被害ではなく、数日で元に戻りましたが、「土寄せ」をしていれば被害を受けなかったかもしれません。 […]

  5. […] 台風通過後に畝立て、種まきした「大蔵大根」が無事に発芽しています。初めに種まきした台風前の区画は打ちつけられた風雨で土が固くなってしまいましたが、この区画は土も柔らかくて種が発芽しやすくなっているようです。大根は地中数十センチまで伸びますから土の柔らかさはとても重要です。既に発芽成長している最初の区画はもう掘り起こすわけにいきませんので、そのまま成長を見守るほかありません。1週間にも及ぶ豪雨をもたらした台風と同じ規模のものがまた来るとは思いませんが、これから作付けするには気をつけなければなりません。また、9月上旬の今頃まではビニールマルチは必要ないと思いますが、これからの種まきは保温の為、ビニールマルチが必要です(関連記事:マルチングの効果)。11月を過ぎると段々寒さが厳しくなって来るので、大根の生育に少なくとも2ヶ月は必要と考えれば、成長末期の地温低下を避けるためにもマルチが役立ちます。既に50本以上の作付けをしていますが、大根は冬も保存がきくのであと50本は栽培したいと思っています。 […]

  6. […] 梅雨もすっかり明け、夏の暑さも本格的になってきましたが、連日うだるような猛暑が続いています。テレビでは毎日熱中症対策が取り上げられ、今日も日中は屋内でも34℃を超える暑さになりました。今日を含めて30℃を超える日が4日も続き、その間1度も雨は降っていません。苗の植え付け当初は成長を促進した「ビニールマルチ」も、猛暑の今では生育の妨げとなってしまいます(関連記事:マルチングの効果)。マルチによって地温が上がり過ぎて、株が乾燥してしまい傷んでしまうからです。「ふじやま」さんも猛暑で夏バテ気味でしたが、これだけはやっておかないと株がダメになってしまうので、今日「ビニールマルチ」を除去しました。 […]

タイトルとURLをコピーしました