スポンサーリンク

連作障害について‐定義、野菜の種類、対策方法

この記事は約5分で読めます。

連作障害の定義

連作障害とは同じ場所で同じ作物又は同じ科の作物を続けて作る、すなわち「連作」する事によって、その作物又は科特有の病虫害が発生したり生育不良になったりすることです。例えば、前年にスイカを作った区画に今年も又スイカを作ったりすると、病虫害が発生しやすくなったり大きく育たない場合があります。スイカを続けて作らなくても同じウリ科のプリンスメロン、カボチャ、ズッキーニなどを作っても同様に病虫害や生育不良が発生し易くなります。これは同じ作物又は同じ科の作物は生育に必要な肥料成分や環境条件が同じ又は似ており、続けて栽培する事で土壌中に同じ作物又は同科特有の病虫害を引き寄せたり、土壌中の特定の肥料成分や微量成分を吸収して偏りや欠乏が生じてしまう事に原因があります。例えば、前年にスイカを作っていた区画にはスイカ特有の病虫害が発生して土壌中に残っていたり、スイカに必要な肥料成分や微量要素が十分に吸収され過ぎて今年のスイカの生育に必要な分が残っていなかったりする場合があります。そうした場合は前年にスイカの出来が良くても今年は病害虫が発生したり生育不良になったりして全然ダメだったという事もあります。

連作障害の出易い野菜と出にくい野菜

連作障害は野菜の種類によって程度が違います。すなわち、野菜によって連作障害が出易いものもあるし、出にくいものもあります。連作障害の出易い野菜にはスイカ、ナス、エンドウなどで7年以上、トマトピーマン、ゴボウなどは5~6年以上、里芋、メロンなどは3~4年以上、キュウリじゃがいも、そらまめ、レタス、白菜インゲンなどは2年以上連作を避けた方が良いといわれます。一方、連作障害の出にくい野菜には大根サツマイモ、カボチャ、人参、小松菜、玉ねぎ、ネギ、春菊、インゲン、みょうがふきなどがあり、これらは同じ場所で続けて作っても障害が出にくいといわれています。

連作障害の対策方法

連作障害を避けるには幾つかの方法があります。土壌管理、土壌消毒、有機物の投入、輪作、間作・混植、接木苗の導入、病虫害に抵抗性のある品種の導入、客土、深耕、天地返し、湛水、田畑輪換、青刈作物の導入などがあります。

土壌管理・・・土壌成分の診断などにより過剰又は不足する成分の適切な調整を行います。

土壌消毒・・・薬剤や透明マルチで太陽熱による土壌消毒を行います。薬剤による消毒は土壌中の病虫害だけでなく有用な微生物も駆除してしまう場合がありますし、土壌中に薬剤が残る場合があるので注意が必要です。一方、透明マルチならば残存薬物の心配はありません。穴の開いていない透明マルチを土壌表面に敷いて端を止めて中を密閉空間にすれば高温状態になります。高温状態では病虫害も死滅してしまい、綺麗な土壌として蘇る事ができます。

有機物の投入・・・土壌に堆肥などの有機物を投入する事で土壌中の微生物を増やし、土壌成分のバランスを整えたり回復を促します。様々な種類の微生物が増える事によって特定の病虫害のみの発生を抑制する効果があると考えられています。

輪作・・・複数の作物又は複数の科の作物を畑・菜園にある複数の区画を順番に作付していく方法です。例えば、A、B、Cの3区画があって、今年はAではナス科のじゃがいも、Bではウリ科のきゅうり、Cではマメ科のいんげんを作り、来年はAではウリ科のきゅうり、Bではマメ科のインゲン、Cではナス科のじゃがいも、そして再来年はAではマメ科のインゲン、Bではナス科のじゃがいも、Cではウリ科のキュウリを作ります。そして再々来年はAはじゃがいも、Bはきゅうり、Cはいんげんと今年と同じに戻るというわけです。このようにローテーションで複数の作物・科を育てる事で同科の連作を避ける事ができ、連作障害が発生しにくくなります。

接木苗の導入・・・接木苗とは病気に強い植物の根を台木として育てたい植物の芽を穂木として接ぎ合わせた苗の事です。例えば、耐病性のあるカボチャ、冬瓜や夕顔の根をスイカの芽と接ぎ合わせたり、カボチャを台木でキュウリを穂木にしたり、赤ナスを台木、黒陽や千両二号などの品種のナスを穂木にしたりします。カボチャは連作障害の出にくい野菜なので台木にされる事が多く、ナスでもアカナスといった連作障害の出にくいナスもあるので同科の野菜でも連作できるようになります。

耐病性品種の導入・・・耐病性品種の導入については接木苗の導入とも関連しています。接木苗の台木には連作障害に強い品種が使われているのが通常で、連作障害に強いとは耐病性のある事とほぼ同じです。種苗店やホームセンターにはシーズンになると野菜の苗がずらりと並んでいますが、各種苗メーカーは独自に病虫害に強い、耐病性のある品種の苗を開発しており、その大半が接木苗になっています。耐病性のある品種を台木として、そして高品質、多収量の品種を穂木として接木苗を販売していることが多いです。もちろん、穂木自体が高品質、多収量でありながら耐病性もあるという品種もありますが、そうした品種は当然割高になります。

客土・深耕・天地返し・・・客土とは耕す部分の土を取り除いて他から客の様に土を取り入れる、つまり土の入替です。深耕とは土壌深くまで耕して表層の土と入れ替える又は混ぜる事を指します。天地返しとは土壌の深層の土と表層の土を入れ替える事です。

湛水(たんすい)・・・畑に水を張る事で水の中で生きられない病害虫が死滅します。米を作っている水田は潅水状態となっていますが、水田は水が張っている事で連作障害が起きないといわれています。しかし、稲作の水田ならともかく、野菜を作る畑に丸々水を張るというのは用水路でもなければ難しいかもしれません。

田畑輪換(たはたりんかん)・・・水田と畑を数年ごとに交代する農地利用方法。水田で水を張る事で雑草を防ぐ事ができ、水を張った水田を畑にする事で連作障害を防ぐ効果がある。

青刈作物の導入

青刈作物とは種実をつける収穫前の青いまま刈り取った作物の事です。代表的な青刈作物にはイネ科やマメ科の作物があり、ソルゴー、トウモロコシなどがあります。青刈作物は別名緑肥作物ともいい、成長過程では根を張る事で排水性を向上させ、漉き込んでからは茎葉が腐熟し、微生物が増加し、土壌の団粒化を促進して、通気性や保水性が改善されます。

コメント

  1. […] さっそくスイカの苗を6株購入してきました。品種は「赤大チャンピオン」と表示されていましたが、調べてみると正式名称は「チャンピオン」のようです。「大玉で非常につくりやすい」と表示されていましたが、「連作障害」に極めて強い品種との事です。初心者でもつくりやすいとの文句に魅かれ、「チャンピオン」の苗を購入しました。とはいっても他に2種類位しか品種がなかったので選択肢は少なかったです。すいかの苗は普通はとても高く、1株198円とか250円とかするのですが、某ショッピングセンターで1株98円で販売されていました。スイカは「連作障害」が出やすく5,6年は連作できないとの事なので、高価な苗は多分「接木苗」ではないかと思います。一方、「ふじやま」さんが購入した苗は接木していない、種から育てた純粋の苗の為、1株98円だったのではないかと思います。それでも1株98円は安いので、6株も購入しました。 […]

  2. […] 今年最初の落花生の種蒔きを5月中旬に行いました。他の野菜をたくさん作っているので、今回は畑の隅で1畝を確保して栽培する事にしました。ここは昨年「きゅうり」を作った場所ですが、ウリ科ですから連作障害の心配はありません。ここ数年この場所でマメ科の野菜は作ってないので大丈夫です。1畝で植え付け穴が20箇所ほどあり、1穴に2粒ずつ種蒔きしました。 […]

  3. […] さつまいもは栄養豊富で美味しいにも関わらず、簡単手間いらずな野菜です。荒地でも育ち、同じ土地で何度も栽培できることから、昔から飢えをしのぐための作物として重宝されてきました。野菜栽培は害虫、病気、連作障害、肥料、水遣り、雑草など注意が必要ですが、さつまいもに関してはほとんどその心配はいりません。いったん苗を植えてしまえば、あとはほぼほったらかしで大丈夫なのです。苗は丈夫で根付いてしまえば、あとはどんどんつるが伸びていきます。さつまいもは土が肥えていると逆に良く育たない位で、たいして手入れのされていない土でも十分育つのです。ですから、狭い畑の場合はともかく、ある程度の広さがある畑ならばさつまいも栽培専用の区画を割り当てても良いと思います。さつまいもは連作障害がなく、同じ場所で何年も栽培することができるので、苗の植え付け時期がきたらその時だけ一仕事すればあとは待っていれば収穫できるわけです。もちろん、つるの成長し過ぎを抑える「つる上げ」はしなければなりませんが、あとは手間いらずのかんたん野菜なのです。 […]

  4. […]  今年も秋冬の収穫に向けて、大根の種まきを行いました。昨年は青首大根、大蔵大根や聖護院大根と合計で100本ほど作りましたが、今年は尻太の「大蔵大根」を中心に作る事にしました。「大蔵大根」は尻詰まり型の煮物用の秋冬だいこんの代表格で、太くて大きいボリュームたっぷりの大根です。大根といえば「青首大根」が代表的ですが、昨年は小ぶりで収量が少なかったので今年は「大蔵大根」を手始めに栽培することにしました。夏まで「じゃがいも」をつくった区画を収穫後、「だいこん」を栽培する区画に割り当てました。この区画ではここ数年、アブラナ科の作物は育てていないので連作障害の心配はありません。土も「じゃがいも」栽培のため深く耕してあるので、地中深く育つ「だいこん」には打ってつけです。早めに種まきすれば冬に入るまでに収穫できるので、急いで畝立てをして種まきをしました。 […]

  5. […] 1週間前に種まきした白菜の種が無事に発芽しました。早くより種まきしていたキャベツの種はなかなか発芽しないのに、白菜の種はこうもたやすく発芽しました。昨年の失敗を教訓に早めに種まきしましたが、これだけ良い苗ができればなんとか丸い白菜ができるかもしれません。とはいえ一刻も早く畑の整備をして、苗の植え付けに備えなければなりません。畑は「すいか」、「じゃがいも」、「トマト」や「かぼちゃ」が既に収穫を終えましたが、枯れた株の残骸や雑草が茂っておりそのままでは作付けできません。苗が頃合いまで育つ前に畑を掃除して耕し、石灰を撒いて肥料を撒き、畝を立てなければなりません。トレイで苗がいくら順調に育っても肝心の畑で育たなければ意味がありません。早めに畑の整備をして、本葉4、5枚になったら植えつけをしようと思います。又、連作障害を避けるためにも昨年と同じ場所に植える事は極力避ける必要があります。今年すいか(ウリ科)を作った区画とトマト(ナス科)を作った区画は連作の心配はないので、それらの区画に植えつける予定です。 […]

  6. […] 「種しょうが」を園芸店で購入後、すぐに植え付けを行いました。本来なら4月下旬から5月上旬位までが植え付け適期ですが、「種しょうが」を安く購入できたので急遽作付けを行いました。思いつきで急に始めたので、しょうが用の畑の準備はしていませんでした。どこに植えつけるか迷いましたが、植え付け時期は過ぎているので今から苦土石灰や肥料をまいて1、2週間待つなど悠長な事はできません。結局、「とうもろこし」の栽培用に準備していた畝をそのまま使用する事にしました。「とうもろこし」は既に3畝栽培中ですので、4畝目をつくるより「しょうが」を作って野菜の種類を増やした方が良いと判断しました。「とうもろこし」は多くの肥料を必要としますので、すでに土作りや施肥はしっかりと済んでいます。「しょうが」の栽培には申し分ない土に仕上がっているはずです。もちろん、ここ数年は同じ場所でしょうがは作っていませんので、連作障害の心配はありません。植え付けする時は株間が20cm程度で深さ5cm位の浅植えにします。1株50g程度のものを植え付ければ良いのですが、100g程度もする大きい種しょうがは適当な大きさに切って、切り口を乾かしてから植え付けします。「種しょうが」の購入時に既に芽が出ていればよいですが、まだ出ていなければ芽が出るまで数日保管してから植え付けると成長が早まります。 […]

  7. […] 「いんげん」の栽培も今年で2回目ですが、今年は「枝豆」を栽培している畝の隣で栽培する事にしました。「いんげん」も「枝豆」も同じ「マメ科」なので、畑の土壌管理、連作障害の予防の観点からも良い作付け計画です。野菜作りで気をつけなければならない「連作障害」ですが、畑の同区画には同じ科の野菜を作る事がオススメです。「マメ科」の野菜には「枝豆」、「いんげん」、「そらまめ」、「らっかせい」などがありますので、隣同士でこれらの作物を作る事が良いと思います。畑の一区画で「マメ科」を栽培し、翌年は別の一区画で「マメ科」を作り、昨年の「マメ科」の区画には別の「アブラナ科」などを栽培するのが良いでしょう。畑を何区画に分けておいて、ローテーションでこうした別々の科を栽培すれば、「連作障害」も起きることなく、健全な野菜を作る事ができます。 […]

  8. […] 5日前に引き続き、残りの「キャベツ」の苗を植え付けました。ホームセンター等で今の時期、「キャベツ」の苗を販売しているので、植え付け時期としては適期ですが、販売されている苗とは雲泥の大きさです。自宅で種まきから育てた苗は何度も撒きなおしてようやく育てたものですが、生育が間に合わずにいまだ小さいままです。これ以上トレイで栽培していても植え付けが遅くなるばかりですから、今回ほぼ全ての苗を植えつける事にしました。冬に収穫できるまでに生育が間に合うか甚だ疑問ですが、遅れても来春にでも収穫できれば問題ありません。まずは畑を十分に耕し、幅60cm、高さ10cmの畝を立てました。事前に苦灰石灰、鶏糞、化成肥料を撒いておきます。実はここは昨年アブラナ科の「大根」や「白菜」を栽培した区画なので、同じアブラナ科の「キャベツ」は作るべきではないのですが、他に場所がないのでこの場所にせざるを得ませんでした。本当は輪作が望ましいのですが、栽培面積が限られる家庭菜園では完全に連作を避ける事は難しいです。何も作付けせずに畑を休ませる選択も考えましたが、それでは収穫がゼロになってしまうので、例え「連作障害」が出たとしても栽培する決断をしました。幅60cmの畝に45cm間隔で1条植えにして「キャベツ」の苗を15株ほど植え付けました。あまりにも苗が貧弱なので日除け、風除け、虫予防も兼ねて肥料袋の囲いを設置しました。昨年も虫食いの被害には悩まされたので、今の内から囲いをしておけば安心です。しかし、それよりも心配なのはこんな小さな苗が無事に生育できるかどうかです。囲いをしたので安心ですが、まずは一般的に売られている程度の苗の大きさくらいまでは成長して欲しいものです。 […]

  9. […] 良いトマトをつくるには良い苗を植え付けなければなりません。苗を購入するときはしっかりとした眼をもって良い苗を選ぶ必要があります。まず、苗は青々と生き生きしているものを選び、黄色がかっているものは避けます。次にポット裏側の穴などをみて、根がしっかりと張っているか確認しましょう。また、あまり背丈が長くヒョロヒョロしたものは、その後の生育も貧弱になるので、できるだけ茎が太くて節間が短いものを選びます。蕾が付いているか花が咲いているかも重要です。すでに蕾がつくまでに成長していれば、その後の成長も早くなります。初心者の方や連作障害が心配な場合は「接木苗」を購入する事もおすすめです。「接木苗」は茎葉の部分はトマトですが、土台となる根の部分がかぼちゃや苦瓜などの別の野菜となっている苗です。病害に強い別の野菜の根の部分と実際に育てる野菜の茎の部分を人工的にくっつけたもので、普通の接木していない苗より育てやすいのが特徴です。根の部分が別の野菜ですので「連作障害」も気にすることもありません。いいことづくめの「接木苗」ですが、普通の苗より高価なのが難点です。例えば、普通のトマトの苗は1株70~100円程度で売られているのに対して、「接木苗」は200~300円程度で販売しています。「接木苗」はプロの育苗業者が高度な技術で2つの植物を人工的に接合してあり、それだけの価格になってしまいます。家庭菜園が小さくて輪作できないとか、病害がどうしても心配でなければ無理に「接木苗」を購入しなくても大丈夫だと思います。もちろん、「すいか」のように5~6年は連作できない野菜は「接木苗」は有効です。御自身の作る野菜の種類、数、予算に応じて利用しましょう。 […]

  10. […] 5月に入り気温も上がり、陽気が良くなって野菜作りも忙しくなって来ます。なすの苗の植え付けも2回に渡り行って来ましたが、8本もダメになって残り9本です。これだけでも十分ですが、畑はまだスペースがあるので、又なすの苗を植えつけることにしました。今年は上手くいけば「なす」だらけの夏になりそうです。「連作障害」の事も考慮して、同じ畝には同じ科の作物を育てたいので、「ナス科」の「トマト」、「ピーマン」を同じ畝に植えつけました。来年は同じ場所には別の科の野菜を作るつもりです。 […]

  11. […] 野菜の栽培には連作障害がつきものですが、「すいか」は特に連作障害が激しい事で知られています。「なす」や「ピーマン」などの定番の野菜では連作障害を避けるために3年ほどは同じ場所で栽培しないとよくいわれますが、「すいか」では5年以上は間隔を空けないと良くないといわれます。「すいか」を栽培した後の畑には「すいか」に寄生した虫が土壌中に残ったり、土壌中の成分のバランスが崩れたりする為に間隔を空けなければならないのです。 […]

タイトルとURLをコピーしました