「だいこん(大根)」の栽培方法 (アブラナ科) 第1回

基本情報

分類:アブラナ科ダイコン属 / 原産地:地中海沿岸、中央アジア / 学名:Raphanus sativus var. longipinnatus / 英名:Japanese Radish, Daikon / 品種:青首大根、白首大根(練馬、三浦、大蔵)、聖護院大根、桜島大根、守口大根など / 適正土壌ph:5.5~6.5 / 発芽適温:15~30℃ / 生育適温:17~20℃ / 種まき時期:(春まき)3~5月、(秋まき) 8月下旬~9月中旬 / 収穫時期:(春まき)5~7月、(秋まき)10~2月

栽培のポイント

移植不可なので直播きする / 根が深く伸びるので深く耕しておく

由来・歴史

地中海沿岸・中央アジア原産の大根は紀元前2千年頃の古代エジプトでの栽培記録があり、中国でも紀元前500年頃には栽培されていました。日本へは弥生時代には中国、朝鮮半島経由で伝来し、江戸時代には現在でも名が残っている三浦、練馬辺りでも栽培が盛んでした。欧米では大根といえば二十日大根(ラディッシュ)の小ぶりなものを指しますが、様々な品種改良と栽培の歴史を重ねてきた日本では現在では青首大根が主流ですが、他にも白首大根、桜島大根、守口大根、聖護院大根、紅大根、辛味大根など多種多様な大根が栽培されています。

大根の芽が出始めた様子(撮影日:04/08)

yasai-171「春大根」の種を撒いて、1週間ほど経ってようやく芽が出て来ました。大根は去年の秋にさんざん作ったので、結構要領はわかっていますが、やはり芽が出ると嬉しいものです。他の野菜の種と比べても発芽率が高く(85~90%位)、比較的育てやすいものです。発芽率が高いので、種も無駄なく1粒1粒間隔を空けて撒きましたが、見事に皆発芽して嬉しい限りです。

dscf0014_1_thumb

生育順調な春大根(撮影日:05/06)

dscf0041_thumb種まきから約1ヶ月。4月は天候不順が続き、日照不足が心配でしたが、さすが発芽率の高い大根です。生育も順調で、ご覧の通り葉も大きくなって来ました。発芽率の高さを見越して、種を間隔を空けて撒いてあるので、間引きもすることなく、生育をそのまま見守っています。春大根は初めて作るのでわかりませんが、このまま順調に育てば、多分来月末位には収穫できそうです。

収穫間近の春大根 (撮影日:05/22)

種まきから約2ヶ月。だいぶ成長してきました。20本以上ありますが、一番大きいものは太さが6cm位あります。さすがに春なので気温が高く、大根の成長も早いです。春大根は成長が早いので特に追肥は必要ないみたいです。まだ小さめですが、この分だと来月にはまるまる太った大根が収穫できそうです。

春大根の収穫 (撮影日:05/22)

春大根を初収穫しました。ちょっと小ぶりですが、数が多いので時期をずらして収穫しないと食べきれません。収穫適期は来月ですが、試し掘りも兼ねて早めの収穫です。スーパーで買えば一本100円はしますし、家庭菜園ならほとんどタダの様なものです。大根はおろしても煮ても良いし、葉っぱも炒めたり味噌汁に入れたりと無駄なく使えます。本当に重宝な野菜ですね。

薹(とう)が立った大根 (05/26)

dscf00341_thumb春大根が順調に育っていたのですが、一部の大根に残念ながら「とうがたって」しまいました。春大根の品種の特性上、ある程度は気温の上昇に強いはずなのですが、もう5月下旬で暖かくなってきたからでしょうか。もっと早く、3月位に種まきすれば良かったのかもしれません。「とうがたって」しまうと栄養分がそちらに流れてしまい、味が落ちてしまうので、すぐに収穫しなければなりません。まだ生育途中の大根で小ぶりですが、今日4本収穫しました。最近急に暖かくなってきて、5月なのに7月又は8月の陽気の日があります。そうした急激な気温の上昇が野菜の生育にも影響を与えて、結果として大根にとうがたってしまったのだと思います。やっぱり野菜の栽培は難しいですね。

dscf0033_thumbdscf0035_thumb

年中問わず大根栽培

大根はほぼ一年中育てることができる野菜です。大根といえば普通は秋、冬に収穫するイメージが強いですが、「ふじやま」さんが今回栽培した「春大根」もあるし、夏に収穫できる「夏大根」もあるみたいです。家庭菜園初心者の私がそんな事も知らないで恥ずかしい限りですが、先日落花生の種を買いに行った際に「夏祭」という夏大根の種を見つけました。大根などの野菜は暑過ぎると「とうが立つ」といって、葉っぱから蕾や花が咲いて味が落ちてしまいます。ところがこの夏大根の種は耐暑性が強く、こうした「とうだち」が少ない品種らしいです。私も夏に大根が作れるとは思っていなかったので、これはぜひ作ってみたいと思いました。当日は種を買いませんでしたが、他の野菜栽培が落ち着いたら種を撒いてみようと思っています。

失敗その1:「大根」なのに「葉大根」

去年散々作った大根ですが、それはそれは立派な「葉大根」でした。私は去年種を撒くのが遅かったので、十分育つ前に冬になってしまい、葉大根の様な大根になってしまったのです。家庭菜園初心者の私は種を撒く時期を逃してしまい、たしか10月頃に撒いた記憶があります。大根が育つには3ヶ月位はかかるのに、10月に撒けば11月にはもう寒くなるので、ぜんぜん育ちません。去年はかなり寒かったので、11月には大根の成長が止まってしまいました。結局、それらの葉大根は放置して、最後は引き抜いて処分してしまいました。

>> 「だいこん」の栽培方法 第2回


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA