「とうもろこし」の栽培方法 (イネ科) 第1回

基本情報

原産地:中南米 / 分類:イネ科トウモロシ属 / 学名:Zea mays / 米国名:corn、英国名:maize / 主産地:北海道、千葉、茨城など/ 品種:黄色粒種-味来、ゴールドラッシュ、サニーショコラ、バイカラー粒種-ハニーバンタム、ピーターコーン、ゆめのコーン、甘々娘、白粒種-ピュアホワイト / 生育適温:20~30℃ / 種まき時期:4~5月 / 収穫時期:6~9月 / 最適土壌ph:6.0~6.5

栽培のポイント

日当たりの良い場所でつくる / 受粉率アップの為、2列植えがおすすめ / 同じ場所・時期に同じ品種を育てる / 1株に1本の実だけ育てる / 根が深くなるので肥料も深めに入れる / 肥料食いなので元肥、追肥はたっぷりと入れる / 絹糸が茶色く枯れてきた頃が収穫の目安 / 朝収穫してすぐ調理するのが一番甘い

由来・歴史

「とうもろこし」の起源は南米に自生していた「テオシント」と呼ばれるイネ科の一年草が原種と考えられています。その歴史は古く、紀元前5千年頃には既に栽培されていました。古代マヤ、アステカ文明では主要穀物として栽培されており、南北アメリカにも栽培が拡大しました。その後コロンブスの新大陸発見に伴ってとうもろこしがスペインに持ち帰られると、ヨーロッパ、中近東、アフリカ、そしてアジアへと伝えられる様になりました。日本へは天正7年(1579年)にポルトガル人によって長崎に伝来しました。現在では飼料用のとうもろこしはほとんど海外からの輸入に依存していますが、食用の甘味種のスイートコーンは様々な品種が国内で栽培されています。

人生初の「とうもろこし」作り

morokoshi41家庭菜園の醍醐味といえば、やっぱり「もろこし作り」です。昨年から野菜を作り始めましたが、数ある野菜の中で一番作りたかったのが「とうもろこし」です。「大根」「トマト」「さつま芋」、「小松菜」など今まで色々つくりましたが、それらは日々のおかずになる野菜です。一方、とうもろこしはそれだけでも食べれる一品野菜です。最近では甘みの強い品種が増えてきて、野菜というよりフルーツの様なもろこしもあります。真夏に食べる茹で立てのもろこしは本当にご馳走ですね。もろこしは甘みが強いので、虫や鳥の被害が多いそうですが、今年は何とか美味しいもろこしを作ってみたいです。

芽が出始めた「とうもろこし」(撮影日:05/09)

dscf0054 dscf0055_1 dscf0056_1

種まきから1週間もするとようやく芽が出始めました。写真は既に2週間くらいは経っていると思います。種の節約のために最初は1穴に1つずつしか撒かなかったので、芽が出ない穴もありました。芽が出ない穴にはまた種を撒き直しました。2回目、3回目と撒きなおすとようやくほぼ全ての穴に芽が出揃いました。とうもろこしはイネ科なので、まさにお米の稲の様な芽ですね。今更ながら初めて育て始めたもろこしの姿に感動しました。もろこしの種は時期がずれたり、土壌の水分が多すぎたりすると発芽しない場合が多いみたいです。植え穴がたくさんあっても、全ての穴に一回で芽を出させるのは難しいです。それでも芽が出てしまえばこちらのものです。暖かくなるにつれてぐんぐん成長していくと思うので、これからが楽しみです。

わき芽とり(撮影日:06/01)

dscf0083順調に伸びるもろこしの根元からわき芽が出てきたので、1畝の20株ほど全てわき芽をとりました。余分な肥料が行かない様にわき芽をとったのですが、他の野菜はそれで良くても「とうもろこし」に関しては「わき芽」はとらない方が良いみたいです。これはあとで知ったのですが、葉は光合成をして養分を生み出しているとの事で、わき芽があればその分養分を生んで実つきを良くするらしいのです。何せはじめてのもろこし作りですから失敗も仕方ありません。1畝は全部わき芽をとってしまいましたが、もう1畝は手付かずです。今度はわき芽はそのまま放っておこうと思います。

強風倒伏でも回復(撮影日:06/16)

dscf0047 dscf0048
梅雨の時期になり、もろこしも順調に育っていましたが、ある夜台風並みの風雨が襲ってきました。夏の台風でもろこしが倒れてしまうのは良く聞きますが、6月中旬のこの時期にこれほど激しい風雨がくるとは思いませんでした。一晩中吹き荒れた風雨は朝方には止みましたが、もろこしはかなりの被害を受けました。一株も完全に横倒しにはならず、被害のほとんどが斜めに傾いているだけでした。もろこしは日中太陽の光の方向に伸びますので、根茎さえしっかりしていればまっすぐに戻ります。あまりにも斜めになっている株は手作業で直しましたが、それ以外の株はそのまま放置していれば自然とまっすぐになります。

「マルチの除去」と「土寄せ」

 株も大分成長してきたので、「マルチの除去」と「土寄せ」を行いました。初期の生育促進の為に敷いた「ビニールマルチ」も今では気温も上昇し株も大きくなってきたので、取り除いても大丈夫です。マルチシートは地温の上昇、雑草防止、土跳ねによる病害防止など色々な効果がありますが(参照:マルチングの効果)、とうもろこしは初期生育さえ順調にいけば後はそれほど病害の心配もありませんので、マルチシートを外しても問題ありません。又、マルチシートといっても透明なので雑草は中からどうしても生えてしまいます。むしろ、マルチシートを外す理由は「土寄せ」をする為です。もろこしの株は最長2メートル近くにもなり重量も増えてくるので、倒伏防止のための「土寄せ」は必須です。ある程度株が成長してきたら、風で倒れてしまわないようしっかりと「土寄せ」をしなければなりません。実際、前述のように6月にも関らず台風並みの強風がきて、株が倒れるまでいかずとも傾いてしまう被害を受けました。幸い深刻な被害ではなく、数日で元に戻りましたが、「土寄せ」をしていれば被害を受けなかったかもしれません。

「ヤングコーン」の収穫(撮影日:07/06)

img_0321とうもろこしは1株で雌花が複数つくので、一番上の雌花以外は「ヤングコーン」として摘み取ります。1株に2つも3つも実をつけていると、養分が分散されてしまいうまいもろこしができません。もったいない気もしますが、2つ目以降の実は受粉前に摘み取ってしまいます。受粉前の実は小さいですが、立派にもろこしの形をしていて丸ごと食べる事ができます。茹でたり炒めたりして簡単に調理できます。

「とうもろこし」の収穫適期(撮影日:07/07)

corn corn1 corn3

とうもろこしの株もだいぶ成長し、雌花も受粉して大きくなってきました。いよいよ収穫も間近ですが、早獲りし過ぎてはおいしくありません。一般的には雌花の絹糸が出てきて数十日後が収穫期などといわれますが、わざわざ数えなくても絹糸が焦げ茶色になり、触ってみて実がしっかりしていれば大丈夫です。確実に見極めたい方は、先端を少しむいてみて先まで粒が黄色くなっていれば間違いありません。まだ白い場合はまた皮を戻しておけば大丈夫です。実際、一番右の写真のもろこしはそろそろ収穫期かなと思ったのですが、先端をむいてみたらまだ先の粒が白いので、もう少し待つ事にしました。

待望の初収穫(撮影日:07/15)

morokoshi10 morokoshi41 morokoshi81

種まきから2ヶ月以上が経過し、ようやく待望の初収穫です。たった1粒の種がここまで成長するなんて、改めて野菜栽培の凄さを実感しました。意外にもカラスや虫の被害もなく、実がぎっしりとつまった美味しそうなとうもろこしが収穫できました。初めての栽培でここまで立派に育てることができれば上出来です。さて、もぎたてのもろこしを早速茹でてみました。大きくて鍋に入りきらないので、仕方なく半分に切って茹でました。塩を少々入れて沸騰してから茹でたのですが、塩が少なく少々茹で過ぎで、少し物足りない味でした。とうもろこし自体は上手くできたのですが、肝心の調理がうまくいかず、なんとも歯がゆい結果になってしまいました。畑での収穫後すぐ茹でたので、鮮度は申し分ありません。次は電子レンジを使うか、それとも早めに茹でてみようと思っています。

品種は「スイートコーン」

ようやく栽培の苦労が実った初収穫でしたが、イマイチ感動が足りません。それはとうもろこしが思っていたほど甘くなかったからです。もろこしの収穫は糖分が一番溜まっている朝が良いと聞いた事がありますが、初収穫は夕方だったためにそれほど甘くなかったのかなとも思いました。ところが、次に朝収穫してみても味はそれほど変わりません。確かに甘いのですが、結構歯ごたえがあって、今流行の品種とは違います。やはり、これは品種自体の甘味と食感のせいです。種は某100円ショップで購入したもので、品種は「あまーいスイートコーン」と書いてあるだけではっきりとわかりません。今流行の「ゴールドラッシュ」や「味来(みらい)」などの味には到底かなわないのです。今は品種改良が進んで、甘味が非常に強くて粒皮が極めて薄い品種が多いです。私が栽培した品種はいわゆる一昔前の粒皮がしっかりして甘味もそこそこの焼きもろこしに向く様な品種でした。もちろんはじめて栽培したのですから、その感動も手伝って最高の味だった事は間違いありませんが、やはり今流行の極甘の品種を作ってみたかったです。今回、はじめての栽培で要領を得たので、来年はもっと美味しい品種を作りたいと思います。

>> 「とうもろこし」の栽培方法 第2回目①
>> 「とうもろこし」の栽培方法 第2回目②


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA