「すいか(西瓜)」の栽培方法 (ウリ科) 第1回①

基本情報

分類:ウリ科スイカ属蔓性一年草 / 原産地:南アフリカ / 学名:Citrullus lanatus/ 英名:watermelon / 生育適温:23~30℃ / 種類:大玉、中玉、小玉、黄玉、黒玉など / 品種:紅大、縞王、紅小玉、伝助など / 主産地:熊本、千葉、山形 / 苗の植え付け時期:4~5月 / 収穫時期:7~8月 / 連作不可

栽培のポイント

連作障害が出易いので、少なくとも5年は間隔を空ける / 連作する場合は接ぎ木苗を利用する / 種から育てるのは難しいので市販の苗を利用する / 高温を好むのでマルチ、ホットキャップ、トンネルなどを活用 / 乾燥には強いが過湿には弱いので水はけの良い場所で作る / 収穫適期の目安の一つは実の上の巻きひげが枯れている事

由来・歴史

熱帯アフリカ、アフリカ中部原産の「スイカ」は紀元前5千年には既に栽培され、四千年前のエジプトの壁画にも描かれています。その後地中海沿岸からヨーロッパ、インド、11世紀には中国へ伝わり、中国ではシルクロードを通って西方から来た瓜という事で「西瓜(シイグァ)」と呼ばれました。日本へは中国から室町時代以降に伝わったとされ、江戸時代には各地で栽培される様になりました。明治時代にはアメリカから新たな品種も伝わり、以降品種改良が進み、昭和時代には大和スイカと都スイカの2品種も生まれました。現在ではこれら2品種を中心とした改良品種を中心とした栽培が行われていますが、他にも小玉、黄玉、黒皮、オレンジといった様々な品種があります。

はじめてのスイカ栽培

img_0589夏の暑い日に食べたい野菜といえば、やはり「スイカ」です。カンカン照りの猛暑の中で、キンキンに冷やしたスイカを食べるのは最高です。今年の夏はスイカを食べて至福の時を味わいたいと思い、はじめて今年スイカ栽培に挑戦する事にしました。5月の今でもスーパーでスイカが売っていますが、1玉2,000円あまりと高級品です。夏のシーズン中でも1,500円位はするでしょうから、自分で作る事ができればこんなに良い事はありません。家庭菜園をはじめて数年の「ふじやま」さんですが、一通りの野菜は栽培してきました。それでも「スイカ」は野菜の中でも栽培が結構難しいとの事なので、今回は本当にできるか挑戦です。

1株98円の「赤大チャンピオン」 (05/01)

dsc00202さっそくスイカの苗を6株購入してきました。品種は「赤大チャンピオン」と表示されていましたが、調べてみると正式名称は「チャンピオン」のようです。「大玉で非常につくりやすい」と表示されていましたが、「連作障害」に極めて強い品種との事です。初心者でもつくりやすいとの文句に魅かれ、「チャンピオン」の苗を購入しました。とはいっても他に2種類位しか品種がなかったので選択肢は少なかったです。すいかの苗は普通はとても高く、1株198円とか250円とかするのですが、某ショッピングセンターで1株98円で販売されていました。スイカは「連作障害」が出やすく5,6年は連作できないとの事なので、高価な苗は多分「接木苗」ではないかと思います。一方、「ふじやま」さんが購入した苗は接木していない、種から育てた純粋の苗の為、1株98円だったのではないかと思います。それでも1株98円は安いので、6株も購入しました。

スイカの苗の植え付け (05/02)

昨日購入したスイカの苗を今朝植え付けました。スイカは「かぼちゃ」「さつまいも」の様に実を食べるので、「つるぼけ」してはいけません。「つるぼけ」は肥料が多すぎる事が主原因ですが、それでも肥料を全く遣らないわけにはいきません。「ふじやま」さんはスイカ栽培は初めてなので、どのくらい肥料を施したらよいかわかりません。家庭菜園の本やネットで調べましたが、どれも方法や施肥量は異なります。しかし、どれも肥料が多すぎると「つるぼけ」すると共通の説明があります。スイカのツルは何メートルにもなり、ツルの先端からも養分を吸うので、思い切って「元肥」を全く施さず、「追肥」のみで栽培する事にしました。2畝で6株栽培する事として、1畝に3株、株間は2m、畝間2mとりました。これだけのスペースをとれば十分余裕がある栽培ができると思います。高温性野菜といわれるスイカは4月~5月に植え付けますが、5月初めといえどもまだ保温は欠かせません。マルチシートで地温を上げ、透明のビニールの風除けで苗を保護しました。本当ならプラスチック製の「ホットキャップ」を使いたい所ですが、結構高いのでビニール袋で代用する事にしました。これから無事に育っていくか心配ですが、何とか収穫を目指したいと思います。

dsc00212 dsc00213 dsc00215

親づるの「摘芯」 (05/23)

 5月初めに植え付けたスイカの苗も少しずつ大きくなり、本葉が6~8枚位になったので「摘芯」をしました。すいかの栽培では本葉が5、6枚になった時点で親づるの先端を切って子づるを伸ばす「摘芯」を行います。はじめてのスイカ栽培なのでわからない事だらけですが、本やネットで調べて思い切って本日摘芯しました。苗は全部で6株ですが、1株だけまだ本葉が5つだけで他は全て6~8葉まで成長していました。摘芯がはじめてで心配といってもいつまでも放っておくわけにいかないので、思い切ってハサミで切りました。親づるの先端を切る事でわき芽の成長が促進され、わき芽に実が出来るとの事です。本当に大丈夫かなと心配ですが、このまま成長を見守りたいと思います。
dsc00295 dsc00296 dsc00297

保温用風除けの除去 (05/23)

「摘芯」したついでに保温用の「風除け」を取り除きました。5月下旬になり大分暖かくなってきたので、「風除け」を外しても大丈夫だと判断しました。本当はつるが成長して風除けに収まりきらなくなってしまい、止むを得ず外した次第です。スイカは熱帯性野菜ですから、本来ならもっと長く設置していたかったです。プロの農家は巨大な温室でハウス栽培をしており、雨や低温からスイカを守って栽培しています。スイカは雨や低温が苦手との事なので、ハウスでもあればよいのですが、家庭菜園程度ではなかなか難しいです。つるが伸びて場所もとりますから、スイカを作るのは結構大変です。これから梅雨の時期に入るので、雨で泥が跳ねて病気になったりしないよう気をつけなければなりません。株元はマルチで覆っているので大丈夫ですが、つるが伸びてくればマルチの横にワラなどを敷いて泥跳ね防止の対策をする必要があります。

「親づる」の摘芯で「子づる」が伸びる (06/08)

5月下旬に「親づる」の摘芯をしてから、徐々に「子づる」が伸びてきました。1株につき「子づる」を2本から5本を残し、「子づる」の成長を促進します。残す「子づる」の数には幅がありますが、栽培スペース、品種、土壌等の様々な条件により異なるので一概にはいえません。「ふじやま」さんは今回4本残すつもりですが、今は「親づる」の摘芯をしただけでほぼ放任状態で育っています。見た目には「子づる」が3本から4本ほど残っています。この「子づる」からまた「孫づる」が出てくるそうですが、まだその気配はありません。これからどのように伸びていくのかまだはじめての経験なのでわかりません。しかし、調べたところによると、これからなる1番果は摘果してしまった方が良いらしいです。「なす」でも一番初めに成る1番果は取り除いてしまいますが、これは株が十分生育しない内に実をつけると良い実ができない上に、株に著しく負担がかかってしまうからです。一般的に野菜の苗は実ができるとその実に養分を集中させますから、実ばかりに養分がいって株の成長が停滞してしまう場合があります。株が十分大きくなれば実に養分を与えても問題ありませんが、まだ小さい間は先に株の成長を優先させるため摘果する事があります。「すいか」の場合は1番果は株がまだ小さい間になるので、変形したり甘く育たない可能性があります。ですからはじめの1番果は涙をのんで取り除き、次の2番果に懸けるというわけです。

dsc00443 dsc00445 dsc00446

ワラを敷かずに雑草だらけ (06/28)

スイカやカボチャ栽培ではワラを敷くのが定番ですが、マルチのみでワラを敷かずにいたら雑草だらけになってしまいました。ワラというのは意外と手に入らないもので、農家でもなければ買ってくるしかありません。苗の購入の際に、ホームセンターで探してみると非常に高いので断念しました。20リットルのポリ袋位に裁断されたワラが入っていましたが、たったそれだけで600円ほどしたのを覚えています。スイカ6株を栽培するために区画全面にワラを敷くとしたら数千円はかかってしまいます。苗自体は1株98円ですから、あまりにも勿体無い話です。結局、ワラの購入は断念して株元だけマルチを敷く事にしたのですが、6月下旬まで放任していたら信じられない位に雑草が繁殖してしまいました。丁度梅雨の時期で雑草が生い茂るには最適の時期ですが、スイカにとっては日も当たらず栄養も奪われて良い事はありません。植え付け当初、ワラの代わりに布でも敷こうかと悩みましたが、つるから養分を吸収できなくなると困るので、そのまま放置していたらこのような状態になってしまいました。初めてのスイカ栽培といえど完全に失敗です。しかし、株はもちろんまだ生きていますから、これから何とか雑草を取り除いてつるが見えるようにしたいと思います。

dsc00551 dsc00552 dsc00553

雑草除去とダンボール敷設 (07/06)

スイカ栽培区画の雑草除去と併せて、ワラの代わりに布とダンボールの敷設を行いました。本来なら栽培当初からワラを敷いていれば作業は必要なかったのですが、ワラがなく放任していた為にこのような結果に至りました。雑草は高いもので50cm以上にも成長し、3株2畝で栽培している畝間を全面覆い尽くしていました。つるが成長して畝間にも伸びていますので、鍬などの道具は使えず、雑草を一つ一つ手作業で取り除いていきました。つるを傷めないように慎重に慎重に雑草を抜いていきますが、ツルが雑草に絡まっており、作業は難航しました。つる自体も太さが約5ミリほどと細くて傷みやすいのでいかに損傷を少なくするか苦労しました。どんなに慎重に作業してもどうしてもつるに多少のダメージは与えてしまうようで、つくづく最初にワラを敷いていたらと後悔するばかりでした。雨の中、土の上を這って慎重に草とりをしましたが、「ふじやま」さん自身も泥だらけでつるや葉にも泥が付着してしまい、これから無事に成長してくれるかどうか心配です。
>> 「すいか(西瓜)」栽培 第1回②
>> 「すいか(西瓜)」栽培 第1回③


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA